2008年12月26日

制度の発展過程から見た日本と韓国の医療保険制度

生活研究部 准主任研究員   金 明中

文字サイズ

日本と韓国の医療保険制度は、社会保険方式という同じ母体から出発しているものの、両国の経済・政治・社会的な特徴等によって、異なる形態で発展してきた。特に、両国における高齢化率の進展率の差異は制度改革の優先順位を変える原因になっており、韓国よりも人口の高齢化が速く進んだ日本では、高齢化社会を迎えた1970年以降多くの高齢者関連政策が実施された。
両国では国民皆保険制度の導入以前までは適用対象者の拡大と給付範囲の拡大政策がとられた。しかし、国民階保険制度実施以降の両国の医療保険政策は日本が高齢者向け医療政策を中心としたことに比べて、韓国は制度の改革を中心として政策を展開した。
特に2000年に実施された韓国の医療保険組合の統合と強制的な医薬分業の実施はその以前までほぼ同一なシステムとして考えられた日本と韓国の医療保険制度に線を引く重要な転換点の役割をした。
現在、韓国の急速な少子高齢化は日本を上回る早いスピードで進んでおり、韓国政府は医療を含む社会保障各分野における改革とさらに高齢化が進展した社会を見据えた対策を講じようとしている。従って、今後制度的、文化的類似性が高い日本と韓国がお互いの制度や対策を参考しながら共同に対処することは両国における経済的、時間的損失を最小化するのに役立つだろう。

32_ext_01_0.jpg

生活研究部   准主任研究員

金 明中 (きむ みょんじゅん)

研究・専門分野
社会保障論、労働経済学、日・韓社会保障政策比較分析

レポート

アクセスランキング

【制度の発展過程から見た日本と韓国の医療保険制度】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

制度の発展過程から見た日本と韓国の医療保険制度のレポート Topへ