2008年11月07日

11月BOE金融政策委員会:150bpの大幅利下げを決定

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

■見出し

・景気後退によるインフレ見通しの下方シフトに対応
・政策対応は強化されたが市場の緊張は続く
・イギリス経済の先行きは暗く
・インフレリスクは大きく後退
・来年初にも追加利下げへ

■introduction

イングランド銀行は、5~6日に金融政策委員会(MPC)を開催、150bpの大幅利下げを決めた。声明文では今回の大幅利下げの理由を、「過去2カ月の世界の銀行システムの混乱」で「マネーと信用の状態は急激にタイト化」しており、「景気の後退はしばらく続く」ため、「インフレ見通しが決定的に下方にシフト」し、「150bpの大幅利下げが必要になった」と説明した。
今回の大幅利下げで次回12月3日、4日開催のMPCでの利下げの可能性は低下したが、景気の早期持ち直しは見込みにくく、来年初にも追加利下げを迫られるだろう。

このレポートの関連カテゴリ

43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【11月BOE金融政策委員会:150bpの大幅利下げを決定】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

11月BOE金融政策委員会:150bpの大幅利下げを決定のレポート Topへ