2008年10月17日

欧州の金融危機~続く拡大阻止への取り組み

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

  • リーマン・ブラザーズの破綻後に欧州の金融市場の混乱は深刻化した。個別の金融機関の救済や預金保護の上限の引上げ、協調利下げでも危機の広がりに歯止めが掛からず、各中央銀行は流動性の供給体制を一段と強化し、主要国政府は銀行債務への政府保証と公的な資本注入を柱とする金融安定化策による対応を迫られることになった。
  • 主要国の安定化策の公表で、一旦は反発した株価も再度下落、銀行間市場のスプレッドの縮小も僅かに留まっており、市場の緊張状態は続いている。背景には、金融安定化策が即効性に欠けること、実体経済が急速な悪化の兆候を示していること、危機の地域的な拡大による連鎖への不安がある。
  • 主要国が一連の枠組みを効果的に活用し、自国の金融システムの安定化を図ることは重要だが、地域横断的な取り組みを欠けば、危機の拡大を阻止できない。16日のEU首脳会議で方向性が示された統合の深化と拡大に見合ったアプローチで危機を克服することを期待したい。
37921_ext_15_1.jpg

このレポートの関連カテゴリ

43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【欧州の金融危機~続く拡大阻止への取り組み】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

欧州の金融危機~続く拡大阻止への取り組みのレポート Topへ