2008年06月09日

5月マネー関連~都銀等の貸出が14カ月ぶりに前年比プラス

経済研究部 チーフエコノミスト   矢嶋 康次

文字サイズ

■見出し

・マネー:マネーサプライからマネーストック統計に変更
・貸出動向:都銀等が07年3月以来14カ月ぶりに前年比プラス

■introduction

日銀は9日にこれまでの「マネーサプライ」を変更した「マネーストック」統計を初めて発表した。従来代表的指数だったM2+CDに変わるM2(現金、国内銀行などの預金)は5月前年比2.0%増と、4月の1.9%増から伸びが加速した。
M2にゆうちょ銀などすべての預金取扱金融機関の預貯金を含めたM3も前年比0.7%増となり、4月の0.5%増より拡大した。
M3に信託などを含めた広義流動性は0.9%増となり、こちらは4月の1.6%増から伸びが鈍化した。内訳では投信(10ヶ月連続で減少)の減少幅拡大の動きが継続している。

46_ext_01_0.jpg

経済研究部   チーフエコノミスト

矢嶋 康次 (やじま やすひで)

研究・専門分野
金融、日本経済

レポート

アクセスランキング

【5月マネー関連~都銀等の貸出が14カ月ぶりに前年比プラス】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

5月マネー関連~都銀等の貸出が14カ月ぶりに前年比プラスのレポート Topへ