2008年03月21日

コンセンサスを下回る貿易統計が示唆する外需の先行き

経済研究部 経済調査室長   斎藤 太郎

文字サイズ

  1. 輸出は新興国向けの好調を主因として高い伸びを続けており、実質ベースの貿易収支も拡大基調を維持しているが、財務省が毎月公表する貿易収支の結果は4ヵ月連続で事前の市場予想(コンセンサス)を下回っている。
  2. 前回の景気後退局面(2000年11月~)、2002年以降の景気回復局面における2度の踊り場の時にも見られたように、輸出、貿易収支の実績値がコンセンサスを下回り続けると、輸出は低迷し、貿易収支は縮小に向かう傾向がある。
  3. 当研究所では、米国の景気後退は世界経済の成長鈍化につながり、日本の輸出は減速に向かうと予想しているが、貿易統計の結果がコンセンサスを下回り始めたことは、外需悪化の兆候と見ることもできるだろう。
  4. 景気動向を大きく左右する外需の先行きを見る上では、今後発表される貿易統計の結果とともに、実績値がコンセンサスからどちらの方向に乖離するかも注目される。
37646_ext_15_1.jpg
45_ext_01_0.jpg

経済研究部   経済調査室長

斎藤 太郎 (さいとう たろう)

研究・専門分野
日本経済、雇用

レポート

アクセスランキング

【コンセンサスを下回る貿易統計が示唆する外需の先行き】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

コンセンサスを下回る貿易統計が示唆する外需の先行きのレポート Topへ