2008年01月11日

金融政策・市場の動き(1月)~米国リセッションリスクが高まる

経済研究部 チーフエコノミスト   矢嶋 康次

文字サイズ

  1. 米12月雇用統計の悪化などを受け、米国リセッションリスクが市場で強く意識されている。リセッションに陥るかどうか、今後1-2カ月かなり重要な時期となってきた。
  2. 日本経済も下振れリスクが高まってきている。特に輸出の恩恵を受けにくい中小企業の不振がここにきて顕著になってきている。
  3. (金融政策)日銀は12月金融政策決定会合で景気判断を約3年振り(04年11月以来)に下方修正した。今後の金融政策上の焦点は、各国の利下げサイクル同様に、日銀も利下げに追い込まれるような局面にならないかどうかだ。3月19日に任期が切れる日銀総裁人事は、いまだ流動的だが、今月末から来月にかけて具体的な候補者の名前がそろそろマスコミ各社から報じられるのではないか。
  4. (長期金利)日本の長期金利は、日銀の利上げ観測がさらに遠のく中、景気下振れリスクが高く上昇余地は限定される。
  5. (為替)米国経済の下振れ・米FRBの追加利下げの可能性が高く、もう一段円高が加速するリスクが高い状況にある。
37423_ext_15_1.jpg
46_ext_01_0.jpg

経済研究部   チーフエコノミスト

矢嶋 康次 (やじま やすひで)

研究・専門分野
金融、日本経済

レポート

アクセスランキング

【金融政策・市場の動き(1月)~米国リセッションリスクが高まる】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

金融政策・市場の動き(1月)~米国リセッションリスクが高まるのレポート Topへ