2007年10月12日

10月決定会合・福井総裁定例会見~不確実性の状況は先月と大きく変わらず

経済研究部 チーフエコノミスト   矢嶋 康次

文字サイズ

■見出し

・金融経済月報:生産判断を上方修正
・定例記者会見:金融市場の混乱、米国経済の下ぶれリスク認識は先月と変わらず

■introduction

日銀は10月金融政策決定会合(10・11日)で現状維持を決めた。
日銀は前回9月に「世界経済を巡る不確実性が増している」と利上げを見送った。
福井総裁は会見(11日)で「生産・所得・支出の好循環メカニズムが維持されるなか、先行き物価安定のもとでの息の長い成長を続ける蓋然性が高い」としたが、金融市場の混乱については、「米国、欧州の金融市場ではいくつかの改善の動きが前回の決定会合以降みられている。ただし全体としてみると、なお不安定な状態が続いている」、また米国経済の先行き下振れリスクについて、「ダウンサイドリスクの高まりという点については、認識はまだ変わっていない」と前回会合から大きな改善がなかったことを明らかにした。
当面、日銀の「様子見」は続くことになる。

46_ext_01_0.jpg

経済研究部   チーフエコノミスト

矢嶋 康次 (やじま やすひで)

研究・専門分野
金融、日本経済

レポート

アクセスランキング

【10月決定会合・福井総裁定例会見~不確実性の状況は先月と大きく変わらず】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

10月決定会合・福井総裁定例会見~不確実性の状況は先月と大きく変わらずのレポート Topへ