2007年09月03日

毎月勤労統計07年7月~一人当たり賃金は8ヵ月連続の減少

経済研究部 経済調査室長   斎藤 太郎

文字サイズ

■見出し

・特別給与は6月に続き7月も減少
・パート比率の上昇も賃金低下要因に

■introduction

厚生労働省が9月3日に公表した毎月勤労統計によると、7月の現金給与総額(一人当たり)は前年比▲1.9%と8ヵ月連続で減少した。所定内給与は前年比▲0.2%と6月の同▲0.4%からマイナス幅が縮小したが、所定外給与が前年比▲0.2%(6月:同0.5%)と減少に転じ、夏季賞与にあたる特別給与が前年比▲5.8%と6月の同▲1.6%に続き減少となった。
特別給与を6月、7月で合計すると、前年比▲3.2%となった。夏季賞与の一部は8月にも支給されるが、そのウェイトは非常に小さいため、毎月勤労統計の夏季賞与は、前年比でマイナスとなる可能性が高くなった。
すでに発表されている各種アンケート調査では、今年の夏季賞与は昨年よりも増加するという結果となっていたが、毎月勤労統計の結果はそれとは異なるものとなった。
なお、毎月勤労統計の夏季賞与に関する最終結果は、6~8月の「特別給与」のうち賞与として支給されたものを特別集計したものが、10月31日に公表される予定である。

このレポートの関連カテゴリ

45_ext_01_0.jpg

経済研究部   経済調査室長

斎藤 太郎 (さいとう たろう)

研究・専門分野
日本経済、雇用

レポート

アクセスランキング

【毎月勤労統計07年7月~一人当たり賃金は8ヵ月連続の減少】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

毎月勤労統計07年7月~一人当たり賃金は8ヵ月連続の減少のレポート Topへ