2007年08月24日

欧州中央銀行は9月利上げの選択肢を確保

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

  • ECBは22日の声明で、長めの資金供給で短期金融市場の正常化を促す意志と同時に、金融政策はマクロ経済の見通しに基づいて運営するという基本スタンスを示した。
  • 9月は四半期に一度のECBスタッフによる経済見通しの公表月にあたるため、政策決定と見通しの修正内容との間には整合性が求められる。成長率見通しは、5四半期ぶりに小幅な下方修正となる可能性があるが、経済情勢と当面の見通しは「良好」という判断は維持されそうだ。インフレ見通しも、前回6月の2007年、2008年とも2.0%から大きくは修正されず、上振れリスクへの強い警戒感も維持されるだろう。
  • ECBは9月利上げの方針を極力維持し、向こう2週間で市場の不安感が払拭され、市場の正常化が果たされるか否かで、最終的な判断を下すことになろう。
  • ECBの金融政策の決定は全員一致とされているが、金融環境変化への対応力や、潜在的なリスクに差異がある。追加利上げへのコンセンサスの形成は、難しくなっていると想定される。
37211_ext_15_1.jpg
43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【欧州中央銀行は9月利上げの選択肢を確保】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

欧州中央銀行は9月利上げの選択肢を確保のレポート Topへ