2007年08月15日

2007・2008年度経済見通し~不安要素抱えつつも2%成長続く

経済研究部 経済調査室長   斎藤 太郎

文字サイズ

<2007年度2.0%、2008年度は2.1%成長>
  1. 4-6月期の実質GDP成長率は、消費、外需の減速を主因に、前期比年率0.5%と1-3月期の前期比年率3.2%から大きく低下したが、民間消費の停滞から7-9月期も年率1%台前半の低成長にとどまる可能性が高い。
  2. これまで経済成長のエンジンとなってきた外需、設備投資の牽引力は徐々に低下するが、2007年度下期以降、賃金上昇に伴う民間消費の拡大が見込まれ、成長率は再び高まるだろう。実質GDP成長率は2007年度が2.0%、2008年度が2.1%と予想する。国内需要デフレーターは前年比プラスとなったが、輸入デフレーターの上昇がGDPデフレーターを押し下げる展開が続くため、GDPデフレーターのプラス転化、「名実逆転」の解消は2008年度までずれ込むだろう。
  3. サブプライムローン問題に端を発した金融市場の混乱は、ひとまず終息しつつあるが、米国の住宅市場の調整が長引くことにより、米国経済の回復が大きく遅れるようなことがあれば、日本経済に悪影響が及ぶリスクがある。
37203_ext_15_1.jpg
45_ext_01_0.jpg

経済研究部   経済調査室長

斎藤 太郎 (さいとう たろう)

研究・専門分野
日本経済、雇用

レポート

アクセスランキング

【2007・2008年度経済見通し~不安要素抱えつつも2%成長続く】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

2007・2008年度経済見通し~不安要素抱えつつも2%成長続くのレポート Topへ