2007年07月13日

7月決定会合・福井総裁定例会見~現状維持に水野審議委員反対

経済研究部 チーフエコノミスト   矢嶋 康次

文字サイズ

■見出し

・決定会合、金融経済月報:現状維持に水野審議委員が反対
・定例記者会見:1月と同じ展開

■introduction

7月決定会合(11・12日)では、賛成8、反対1で金融政策の現状維持が決まった。事前の予想通り水野審議委員が利上げ提案を行った。
結果的に翌月利上げの地ならしとなった1月の決定会合と同じ状況になってきている。
今回利上げを見送った8人の審議委員も7月末公表の6月分生産・物価、4-6月期の日・米GDPを踏まえ、利上げへと判断を変えると筆者は見ている。次回8月決定会合で利上げ実施となるだろう。

46_ext_01_0.jpg

経済研究部   チーフエコノミスト

矢嶋 康次 (やじま やすひで)

研究・専門分野
金融、日本経済

レポート

アクセスランキング

【7月決定会合・福井総裁定例会見~現状維持に水野審議委員反対】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

7月決定会合・福井総裁定例会見~現状維持に水野審議委員反対のレポート Topへ