2007年05月17日

5月決定会合・福井総裁定例会見~物価マイナスでも利上げ可能

経済研究部 チーフエコノミスト   矢嶋 康次

文字サイズ

■見出し

・金融経済月報:メインシナリオ変更なし
・定例記者会見:物価マイナスでも利上げ可能

■introduction

5月決定会合では3ヶ月連続で「現状維持」(全員一致)が決定された。
金融経済月報(基本的見解)は、足元の景気判断を「緩やかに拡大している」、また先行きについても「緩やかな拡大を続けると見られる」と10ヶ月連続同じ判断を示した。
個別需要項目の見方は、(1)公共事業について現状判断を下方修正、(2)国際市況反発の動きから、国内企業物価の足元、先行き判断を上方修正、を除いてはすべて先月と同様の文言となった(図表1)。
前回会合から(1)米国では弱めの住宅市場の動き、(2)国内では予想を大きく下回る機械受注統計、17日発表のGDPで設備投資が5四半期ぶりにマイナスなど、景気・物価の先行き懸念を示す統計発表がいくつか見られたが、展望レポートが公表されて時間がほとんどたっていないこともあり、メインシナリオの変更の必要性はなしとなったようだ。

46_ext_01_0.jpg

経済研究部   チーフエコノミスト

矢嶋 康次 (やじま やすひで)

研究・専門分野
金融、日本経済

レポート

アクセスランキング

【5月決定会合・福井総裁定例会見~物価マイナスでも利上げ可能】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

5月決定会合・福井総裁定例会見~物価マイナスでも利上げ可能のレポート Topへ