2006年07月25日

企業不動産(CRE)戦略と企業経営

社会研究部 上席研究員   百嶋 徹

文字サイズ

企業の土地投資行動の本質は、土地投資と設備投資、立地、企業財務など複数の戦略間の最適化を図ることである。さらに真の全体最適を図るためには、地域社会との共生を図るCSR(企業の社会的責任)の視点が欠かせない。
減損会計の適用もあり一層の資産効率向上が求められる中、経営戦略の一翼を担い、企業価値向上に資する土地投資行動を意思決定する「企業不動産(CRE:Corporate Real Estate)戦略」の重要性が高まってきている。
CRE戦略の本質が企業存続の命運すら分けることを大手スーパーの事例により考察してみたい。

61_ext_01_0.jpg

社会研究部   上席研究員

百嶋 徹 (ひゃくしま とおる)

研究・専門分野
企業経営、産業競争力、産業政策、産業立地、地域クラスター、イノベーション、企業不動産(CRE)、環境経営・CSR

レポート

アクセスランキング

【企業不動産(CRE)戦略と企業経営】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

企業不動産(CRE)戦略と企業経営のレポート Topへ