2006年04月07日

金融政策・市場の動き~実質マイナス金利と過剰流動性

経済研究部 チーフエコノミスト   矢嶋 康次

文字サイズ

  1. 金融政策は、5年間続いた量的緩和が解除され、ゼロ金利政策に移行した。消費者物価が緩やかに上昇する中、ゼロ金利政策が今後しばらく継続することで、実質政策金利はマイナスになるものと予測される。大規模な過剰流動性もあり、日銀の政策運営上で資産インフレリスク抑制の位置づけは高まらざるをえないだろう。
  2. 4月28日に展望リポートが公表される。今回は初めて2007年度の予測が示される。日銀のシナリオは2006,2007年度と景気回復は持続、消費者物価指数も上昇率を高め、2007年度には0.8-1.0%程度の数値が示されると予想する。
  3. 当面、長期金利は強含み傾向で推移しよう。景気拡大、株高などを受け早期ゼロ金利解除観測がさらに高まり、当面の欧米の利上げ継続で世界的にも金利上昇圧力がかかる。
  4. 円ドルレートは、ゼロ金利が継続する中で米国の追加利上げ観測がドルサポート材料となり、110円台半ばから後半のレンジでの推移が続く見込み。
36803_ext_15_1.jpg
46_ext_01_0.jpg

経済研究部   チーフエコノミスト

矢嶋 康次 (やじま やすひで)

研究・専門分野
金融、日本経済

レポート

アクセスランキング

【金融政策・市場の動き~実質マイナス金利と過剰流動性】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

金融政策・市場の動き~実質マイナス金利と過剰流動性のレポート Topへ