2005年08月26日

踊り場脱却を確認する条件 - 予測指数から見た7-9月期の生産動向

経済研究部 経済調査室長   斎藤 太郎

文字サイズ

  1. 政府、日銀は8月9日、「月例経済報告」、「金融経済月報」において景気判断を上方修正し、事実上の踊り場脱却宣言を行った。
  2. 踊り場脱却を裏付ける明るい材料が増えてきたことは事実だが、それが確実と言うためには、7-9月期の鉱工業生産が増加に転じることが最低条件である。
  3. 6月の鉱工業生産の実績値をもとに、7、8月の製造工業生産予測指数の伸び率で先延ばしし、9月を横ばいとすると、7-9月期の生産は前期比1.2%の増加となる。このことが生産の先行きを強く見るひとつの根拠になっている。
  4. しかし、鉱工業生産の実績値は、予測指数によって試算された見込値を大きく下回る傾向がある。
  5. 現時点では、7-9月期の生産が増加に転じるかどうかはまだ予断を許さない。踊り場脱却ムードは一気に高まっているが、それを断定するためには、7月以降の生産の動きを見極める必要があるだろう。
36655_ext_15_1.jpg

このレポートの関連カテゴリ

45_ext_01_0.jpg

経済研究部   経済調査室長

斎藤 太郎 (さいとう たろう)

研究・専門分野
日本経済、雇用

レポート

アクセスランキング

【踊り場脱却を確認する条件 - 予測指数から見た7-9月期の生産動向】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

踊り場脱却を確認する条件 - 予測指数から見た7-9月期の生産動向のレポート Topへ