2005年06月24日

見かけほど強くない企業収益

経済研究部 経済調査室長   斎藤 太郎

文字サイズ

<見かけほど強くない企業収益>
  1. 財務省「法人企業統計季報」によれば、2004年度の経常利益は前年比24.6%と3年連続で増加となった。四半期毎の推移を見ると、2004年度下期にはやや減速したものの、2005年1-3月期でも前年比15.8%と引き続き高い伸びを維持している。
  2. 表面的に見れば、企業収益は非常に好調だが、原材料価格高騰に伴う変動費の増加、人件費削減の一段落により、これまで企業収益の回復を支えてきた収益率の改善テンポは鈍化している。
  3. また、「法人企業統計季報」はサンプル調査であるため、四半期毎の数値に断層がある。このことにより、最近の経常利益の伸びは過大評価されている可能性が高い。
  4. サンプルバイアスを除くために断層調整を行うと、経常利益は2004年度下期には大きく減速し、足もとでは一桁の伸びにまで低下していることが分かる。企業収益の回復力は実勢としてはすでに弱まっており、2005年度入り後は減益に転じる可能性もあるだろう。
36608_ext_15_1.jpg
45_ext_01_0.jpg

経済研究部   経済調査室長

斎藤 太郎 (さいとう たろう)

研究・専門分野
日本経済、雇用

レポート

アクセスランキング

【見かけほど強くない企業収益】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

見かけほど強くない企業収益のレポート Topへ