2005年05月25日

ジェロントロジーが創る豊かな長寿社会

生活研究部 主任研究員   前田 展弘

文字サイズ

■目次

1.長生きを喜べない現実
2.三つの要因
3.米国の高齢社会を支えるジェロントロジー
4.これからの日本を支える担い手

■introduction

2025年には4人に1人が65歳以上となる急速な超高齢社会の到来を前に、日本社会はその準備に追われている。高齢者の数が増えるだけでなく、85歳以上の高齢者が急増することも超高齢社会の特徴である。「高齢化」の文字が氾濫する世の中では、否応なしに誰もが自分の老後の人生を想像する。しかし、そこに描かれる未来図はどこか「暗い」イメージばかりでないだろうか。
医療の進展と健康増進の取り組みにより、日本人の多くは確実に長生きをする。そのことは世界各国に照らしても喜ばしい、羨ましいことであるにも関わらず、個人にとって必ずしも幸せに直結していない現実がある。長生きを悔やみ、申し訳なく考える高齢者もいる。世の中全体では経済的に豊かで、物質的な需要も十分満たされている社会にいながら、素直に長生きに価値を見い出せない原因は何か。

41_ext_01_0.jpg

生活研究部   主任研究員

前田 展弘 (まえだ のぶひろ)

研究・専門分野
ジェロントロジー(高齢社会総合研究)、超高齢社会・市場、QOL(Quality of Life)、ライフデザイン

レポート

アクセスランキング

【ジェロントロジーが創る豊かな長寿社会】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ジェロントロジーが創る豊かな長寿社会のレポート Topへ