2004年05月25日

消えた家計の資金余剰

経済研究部 専務理事 エグゼクティブ・フェロー   櫨(はじ) 浩一
経済研究部 研究理事 チーフエコノミスト   矢嶋 康次

家計の貯蓄・消費・資産 日本経済 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

日銀の資金循環勘定によれば、2003年には統計開始以来初めて家計部門が資金不足に陥った。これは近年の貯蓄率の急低下によるが、貯蓄率の急低下は高齢化だけでは説明できない。高齢化以外の要因として、①高齢者世帯の貯蓄率低下、②現役世代の貯蓄率低下、③統計上の問題(貯蓄概念の定義)がある。

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
42_ext_01_0.jpg

経済研究部

櫨(はじ) 浩一 (はじ こういち)

46_ext_01_0.jpg

経済研究部

矢嶋 康次 (やじま やすひで)

レポート

アクセスランキング

【消えた家計の資金余剰】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

消えた家計の資金余剰のレポート Topへ