2004年01月23日

欧州経済:ユーロ高の進行と景気下振れのリスク

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

  • 輸出主導の回復基調が続くユーロ圏で、急改善が続いた企業景況感にユーロ高の影響と思われる鈍化の兆候が顕れ始めた。
  • 最近のユーロ相場は、12日に1ユーロ=1.2898ドルの市場最高値をつけた後、ECB理事やユーロ圏政府高官の牽制発言で1ユーロ=1.23ドル台までいったん下落、19日に公表された財務相、ECBの共同声明でユーロ高阻止の具体策が盛り込まれなかったことを受けて急反発するなど、値動きが荒くなっている。
  • ユーロ圏の当局者は、相場変動の激しさと米国の経常赤字是正のための調整負担の多くをユーロが負っていることを問題視しており、2月初めのG7では、為替相場安定に向けた協調的取り組みが提起される見込みである。
  • ユーロ相場は、当面は1ユーロ=1.3ドルを上値に一進一退の推移となろうが、米国の巨額の経常赤字という根本の問題が解消しない中では、ユーロ高の基調は変わらず、域外景気の回復テンポに比べて、ユーロ圏の輸出、生産、雇用回復のペースが抑制された状況が続くことになるだろう。
36282_ext_15_1.jpg

このレポートの関連カテゴリ

43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【欧州経済:ユーロ高の進行と景気下振れのリスク】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

欧州経済:ユーロ高の進行と景気下振れのリスクのレポート Topへ