2003年10月25日

ドイツにおける生命保険会社の破綻

保険研究部 主任研究員   松岡 博司

文字サイズ

ドイツの生保会社は、90年代後半の株高期に株式関連投資に積極的に取り組み高い契約者配当を維持してきたが、2000年代に入ると株価下落に見舞われ大きな痛手を被ることとなった。
こうした状況下、生保会社の健全性を検証するストレステストの導入、生保安全ネット・プロテクターの設立など、いくつかの制度整備が行われたが、本年6月にはドイツ戦後初の生保破綻であるマンハイマー生命の経営破綻が発生することとなった。

このレポートの関連カテゴリ

51_ext_01_0.jpg

保険研究部   主任研究員

松岡 博司 (まつおか ひろし)

研究・専門分野
生保経営・生保制度(生保販売チャネル・バンカシュランス等、主に日本生命委託事項を中心とする研究)

レポート

アクセスランキング

【ドイツにおける生命保険会社の破綻】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ドイツにおける生命保険会社の破綻のレポート Topへ