2003年05月01日

公的年金改革の方向性(2)厚生年金の適用範囲拡大

保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   中嶋 邦夫

文字サイズ

今回は、短時間労働者に対する厚生年金の適用範囲拡大について解説する。2001年の短時間労働者数は1200万人を超えており、適用範囲の拡大は、労働者と企業の双方にとって大きな影響が予想される。さらなる年金不信を招かないためにも、実施には十分な検討が必要である。

52_ext_01_0.jpg

保険研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

中嶋 邦夫 (なかしま くにお)

研究・専門分野
公的年金財政、年金制度

レポート

アクセスランキング

【公的年金改革の方向性(2)厚生年金の適用範囲拡大】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

公的年金改革の方向性(2)厚生年金の適用範囲拡大のレポート Topへ