2002年07月26日

高齢者の求人倍率の改善をどう見るか

経済研究部 経済調査室長   斎藤 太郎

文字サイズ

<今週の焦点:高齢者の有効求人倍率の改善>

  1. 日本の労働市場は、恒常的に高齢者の求人倍率が極めて低いという年齢ミスマッチの問題を抱えてきたが、2001年度下期以降、高齢者の求人倍率が大幅に改善している。
  2. しかし、これは年齢別求人数の集計方法というテクニカルな要因によるもので、実態として高齢者の労働需給は改善していない可能性が高い。
  3. 実際に、中高年層の就職件数を見ると、ここにきて減少幅が拡大しており、中高年層の雇用情勢は依然厳しい状況が続いている。

<4-6月期は2四半期ぶりのマイナス成長へ>

  • 2002年4-6月期の実質GDP成長率は、前期比▲0.2%(年率▲0.7%)と、2四半期ぶりのマイナス成長になると予測する。
35977_ext_15_1.jpg

このレポートの関連カテゴリ

45_ext_01_0.jpg

経済研究部   経済調査室長

斎藤 太郎 (さいとう たろう)

研究・専門分野
日本経済、雇用

レポート

アクセスランキング

【高齢者の求人倍率の改善をどう見るか】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

高齢者の求人倍率の改善をどう見るかのレポート Topへ