2002年06月25日

個人向け国債の発行を巡る視点

経済研究部 チーフエコノミスト   矢嶋 康次

文字サイズ

「個人向け国債」の発行が計画されている。
今後も続く国債の大量発行を円滑に行うためには、1,400兆円の金融資産を有する「個人マネー」を国債市場に呼び込むことが必要不可欠となっている。
その一つの施策が購入の対象を個人に限定した「個人向け国債」である。

このレポートの関連カテゴリ

46_ext_01_0.jpg

経済研究部   チーフエコノミスト

矢嶋 康次 (やじま やすひで)

研究・専門分野
金融、日本経済

レポート

アクセスランキング

【個人向け国債の発行を巡る視点】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

個人向け国債の発行を巡る視点のレポート Topへ