2001年04月27日

2001年度の設備投資は減少へ

経済研究部 経済調査室長   斎藤 太郎

文字サイズ

<2001年1-3月期GDP予測>

  1. 1-3月期の実質GDPは前期比0.3%(前期比年率1.4%)になったと推計される。
  2. 民間需要は、民間消費、設備投資の増加から3四半期連続で増加したとみられる。10-12月期に大きく落ち込んだ民間消費は、その反動や家電リサイクル法施行前の駆け込み需要により前期比0.8%とプラスに転じた模様である。
  3. しかし、外需は輸入が微減となったものの、輸出が大幅に落ち込んだことから▲0.5%のマイナス寄与となり、成長の足を引っ張った。

<今週の焦点:投資計画からみた2001年度の設備投資動向>

  1. 今春実施された2001年度の設備投資計画調査は、軒並みマイナスとなっている。
  2. 景気は 2000年夏をピークとして後退局面にあり、設備投資を下支えしてきた企業収益も鈍化傾向にある。2001年度の設備投資はマイナスとなる可能性が高く、夏頃には減少傾向が鮮明となるだろう。

このレポートの関連カテゴリ

45_ext_01_0.jpg

経済研究部   経済調査室長

斎藤 太郎 (さいとう たろう)

研究・専門分野
日本経済、雇用

レポート

アクセスランキング

【2001年度の設備投資は減少へ】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

2001年度の設備投資は減少へのレポート Topへ