2000年03月25日

不動産投資手法の拡大と新展開

  岡 正規

文字サイズ

投信法やSPC法、不動産特定共同事業法の改正など、不動産をめぐる新しいルール作りが加速しており、不特定多数の投資家が証券やファンドの形で不動産投資を行う「集団投資スキーム」が注目されている。
中でも、不動産投資ファンドとして、米国REITのように上場も可能となる「会社型不動産投信」への期待は高い。
今後、わが国において会社型不動産投信が発展するための条件と不動産市場に与える影響をみる。

岡 正規

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【不動産投資手法の拡大と新展開】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

不動産投資手法の拡大と新展開のレポート Topへ