1999年11月01日

株式持ち合い実態調査(98年度)

文字サイズ

株式持ち合いの解消が、引き続き進行している。一方で、銀行株式の持合比率が横ばいに推移するなど、持ち合い構造の強固な面も垣間見られる。年金債務など、負の遺産を抱える企業にとっては、持ち合い株式が切り札的な存在に映るようである。しかし、会計制度の透明性が高まりつつある下で、市場参加者の厳しい評価を避けられないであろう。

レポート

アクセスランキング

【株式持ち合い実態調査(98年度)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

株式持ち合い実態調査(98年度)のレポート Topへ