1999年10月25日

為替予測における発想の転換

  日本大学経済学部教授 小巻 泰之

文字サイズ

為替は経済にとって重要な変数であるにもかかわらず、現実の為替予測は非常に難しい。
しかし、水準予測に固執せず、為替の変化方向および転換点に焦点をあてる為替予測であれば概ね良好な結果が得られる。為替予測の発想の転換で予測精度の改善は可能である。

日本大学経済学部教授 小巻 泰之

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【為替予測における発想の転換】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

為替予測における発想の転換のレポート Topへ