1998年11月01日

株式持ち合い実態調査(97年度)

文字サイズ

97年度の株式持ち合い減少幅は、過去10年で最大であった。株価の低迷により、株式保有リスクが顕在化しているため、今後も持ち合いを見直す企業の増加が予想される。持ち合い解消の受け皿として、自社株買入消却や機関投資家の買入が期待されるが、株価の短期的な波乱要因になるだけに、持ち合い実態のフォローを欠かせないだろう。

レポート

アクセスランキング

【株式持ち合い実態調査(97年度)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

株式持ち合い実態調査(97年度)のレポート Topへ