1996年07月01日

経済の動き

文字サイズ

■見出し

1.米国経済
2.欧州経済
3.アジア経済
4.日本経済
5.金融為替

■introduction

欧州では停滞が続いているドイツ経済に改善の兆しが見え出した。米国景気は96年に入って拡大が続いており、アジアは拡大が続いているがテンポの鈍化が見られる。日本経済は回復基調がより鮮明となっているが、財政の下支えの低下など懸念材料を抱えた展開が続く。長期金利は景気統計や政府・日銀首脳の発言に反応して振れの大きい展開となろう。為替は日米の金利差の思惑で円高・円安に振れる展開が続こう。

このレポートの関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

【経済の動き】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

経済の動きのレポート Topへ