運用リスク管理

資産運用を行うには、投資行動から発生するリスクの特定、評価など適切なリスク管理プロセスを経ることが大切である。「運用リスク管理」の一覧では、年金ALM、信用リスク、リスクバジェット、LDI、運用会社のリスク等年金運用における運用リスクについて考察を行います。またリスク評価手法の特徴を整理した上で、評価結果を基に長期の投資家にとってリスク管理上重要な課題について解説します。

年度で絞り込む

  • 1998年01月01日

    期待リターンとリスクの予測(6)

    これまで、最適なアセット・アロケーションを計算するために必要な、期待リターンとリスクの予測方法について述べてきたが、今回は、本連載の総括として、実際に最適ポートフォリオを構築しながら、これまで紹介した手法の応用につ...

  • 1997年12月01日

    期待リターンとリスクの予測(5)

    これまで、最適なアセット・アロケーションを計算するために必要な、期待リターンとリスクの予測方法について述べてきたが、今回は、アセットアロケーションから逆算して求めることができる「インプライド・リターン」について解説...

  • 1997年11月01日

    期待リターンとリスクの予測(4)

    今回は、期待リターンとリスクの予測手法の一つである「シナリオ法」について、その特色と問題点を中心に,具体例を交えながら解説する。__RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOU...

  • 1997年10月01日

    期待リターンとリスクの予測(3)

    今回は、年金ALM分析の前提として必要な期待リターンを、いくつかに分解した部分(ブロック)を積み重ねて予測する、「ビルディング・ブロック法」を紹介する。__RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS...

  • 1997年09月01日

    期待リターンとリスクの予測(2)

    年金ALM分析の前提条件である期待リターンとリスクの予測について、連載第2回目の今回は、代表的予測手法の一つである「過去平均法」を、具体例を交えながら解説する。__RCMS_CONTENT_BOUNDARY____...

  • 1997年08月01日

    期待リターンとリスクの予測(1)

    年金ALM分析を行う場合に、最も重要な前提条件である、資産の期待リターンとリスクについては、過去の実績でなく、将来の最善の予測に基づいて決めるべきと言われている。そこで、期待リターンとリスクの予測手法を連載するが、...

  • 1996年10月01日

    年金基金から見たポートフォリオ最適化の限界

    モダンポートフォリオ理論は、資産運用の意思決定において、重要な役割を演じている。特に、ノーベル賞学者マーコビッツが提唱した「平均・分散アプローチ(ポートフォリオ最適化)」は、年金基金が長期基本ポートフォリオを策定す...

  • 1996年06月01日

    生保GA組入れによる効率的フロンティアの改善

    保証利率が2.5%の生保GAは、ローリスク・ローリターンで魅力に乏しいとの見方もある。しかし、保証利率による、年金資産ポートフォリオのリスク・リターン特性の改善効果には、注目すべきだろう。__RCMS_CONTEN...

  • 1996年06月01日

    年金基金にはリスク許容度分析が不可欠

    年金基金にとり本質的なリスクは、約束した年金が支払われないことや、母体企業が年金支払いのために予期せぬ負担を強いられることであろう。この基金固有の事情を勘案した最適な意思決定に、ALM手法によるリスク許容度分析は有...

アクセスランキング

運用リスク管理のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

運用リスク管理のレポート Topへ