2023年12月27日

EUにおけるソルベンシーIIのレビューを巡る動向2023-EU理事会と欧州議会がソルベンシーIIのレビューとIRRDについて暫定合意

中村 亮一

文字サイズ

■要旨

ソルベンシーIIのレビューに関しては、2019年2月11日のEC(欧州委員会)からの助言要請を受けて、EIOPA(欧州保険年金監督局)が検討を行い、2020年12月17日に、ECにソルベンシーIIレビューに関する最終意見を提出した。また、ECは、EIOPAの最終意見を踏まえて、検討を進めてきたが、2021年9月22日に、影響評価を含めて、ソルベンシーIIのレビューの提案内容を公表した。

ここまでの動向については、これまでのレポートで報告してきているが、例えばEIOPAの最終意見の内容については、保険年金フォーカス「EIOPAがソルベンシーIIの2020年レビューに関する意見をECに提出(1)(10)」(2020.12.28~2021.3.15)において、ECの提案の内容については、保険年金フォーカス「欧州委員会がソルベンシーIIのレビューに関する提案を公表--提案の全体概要と関係団体等からの反応-」(2021.10.15)及び保険年金フォーカス「欧州委員会がソルベンシーIIのレビューに関する提案を公表-提案の具体的内容とその影響-」(2021.10.22)で報告した。

ECは2 つの立法提案(ソルベンシーII指令の改正(以下(1)~(5))とIRRD(保険再建・破綻処理指令)((6)))を行っているが、その後、ECの提案内容については、EU理事会や欧州議会での検討が行われてきた。欧州連合理事会は2022 年6 月17 日に欧州委員会の提案に関する見解に同意している。また、2023 年7 月に、欧州議会のECON(経済通貨委員会)は、ソルベンシーII規則の改正と、保険会社の再建・破綻処理に関する新たな指令IRRDを承認しているが、いくつかの点で欧州員会の案とは異なる提案となっていた。これを受けて、トリローグ(三者対話)が行われてきた。

今回、EU理事会は、2023年12月14日に、EU理事会と欧州議会が暫定合意したとの発表を行った。これにより、この暫定合意内容が最終決定され、ソルベンシーIIの「レベル1」、即ち指令の改正内容が決定されていけば、その後は、「レベル2」の委任規則の規定内容等が検討されて、詳細が決定されていくことになる。これらが順調に検討されて、EUレベルでの改革内容が最終決定されていけば、その後は各加盟国が2025 年6 月30 日までにこれらの改革を採択していくことで、2026 年1月1日から改革の内容が適用されていくことになる。

今回は、このEU理事会と欧州議会の暫定合意内容について、EU理事会による公表内容等に基づいて報告する。併せて、この暫定合意内容の発表を受けての保険業界団体のInsurance Europeの反応についても報告する。

■目次

1―はじめに
2―EU理事会の公表による今回の暫定合意内容について
  1|今回の暫定合意内容の概要とその効果
  2|ソルベンシーIIの見直し
  3|保険再建・破綻処理指令(IRRD)
  4|次のステップ
3―Insurance Europeの反応
  1|ソルベンシーIIの見直しに関して
  2|保険再建・破綻処理指令(IRRD)に関して
4―まとめ
Xでシェアする Facebookでシェアする

中村 亮一

研究・専門分野

公式SNSアカウント

新着レポートを随時お届け!
日々の情報収集にぜひご活用ください。

週間アクセスランキング

レポート紹介

【EUにおけるソルベンシーIIのレビューを巡る動向2023-EU理事会と欧州議会がソルベンシーIIのレビューとIRRDについて暫定合意】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

EUにおけるソルベンシーIIのレビューを巡る動向2023-EU理事会と欧州議会がソルベンシーIIのレビューとIRRDについて暫定合意のレポート Topへ