2020年12月28日

EIOPAがソルベンシーIIの2020年レビューに関する意見をECに提出(1)-意見書の全体概要と保険業界等からの反応-

保険研究部 常務取締役 研究理事 兼 ヘルスケアリサーチセンター長   中村 亮一

欧州 欧米保険事情 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

ソルベンシーIIに関しては、レビューの第2段階として、ソルベンシーIIの枠組みの見直しが2021年までに行われる予定となっており、その検討が1年半以上前にスタートしていた。その動向については、これまでの保険年金フォーカスで報告してきている。直近では、2020年の11月から12月にかけて、ソルベンシーIIのレビューを巡る2020年3月以降の動きについて、3回のレポートで報告した。

そこで繰り返し報告してきたように、EIOPA(欧州保険年金監督局)は、2020年末までにEC(欧州委員会)に、2019年2月11日に指令2009/138 / EC2(ソルベンシーII)のレビューに関して受けた助言要請に対する最終勧告をこの助言による変更が行われた場合の保険会社のソルベンシーに与える影響を定量化した影響評価とともに提出する予定になっていた。

今回、EIOPAは2020年12月17日に、ECにソルベンシーIIレビューに関する意見を提出したと公表した。これに対して、欧州の保険業界団体であるInsurance Europe(保険ヨーロッパ)やAMICE(欧州相互保険会社及び保険協同組合協会)は、同日に意見表明を行っている。

今後の複数回のレポートで、このEIOPAの意見書の内容について報告する。まずは、今回のレポートでは、EIOPAの意見書の全体概要と、Insurance Europe及びAMICEの意見表明、さらに保険業界とは異なるスタンスからの批判的な意見を有する欧州議会議員の意見の内容を報告する。

■目次

1―はじめに
2―EIOPAの意見書
  1|全体的な考え方
  2|今回の意見書がカバーする範囲
  3|今回の意見書の構成
  4|具体的な提案の概要
  5|EIOPAのFact Sheetに基づく概要説明
  6|今回の提案による影響
  7|EIOPA会長のコメント
3―Insurance Europeによる意見
4―AMICEによる意見
5―欧州議会議員からの意見
6―まとめ
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

保険研究部   常務取締役 研究理事 兼 ヘルスケアリサーチセンター長

中村 亮一 (なかむら りょういち)

研究・専門分野
保険会計・計理

アクセスランキング

レポート紹介

【EIOPAがソルベンシーIIの2020年レビューに関する意見をECに提出(1)-意見書の全体概要と保険業界等からの反応-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

EIOPAがソルベンシーIIの2020年レビューに関する意見をECに提出(1)-意見書の全体概要と保険業界等からの反応-のレポート Topへ