2020年11月26日

ソルベンシーIIの2020年レビューを巡る動向-3月以降の全体的な流れと影響評価を巡る動向-

保険研究部 常務取締役 研究理事 兼 ヘルスケアリサーチセンター長   中村 亮一

欧州 欧米保険事情 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

EU(欧州連合)におけるソルベンシーIIに関しては、2016年の導入後、各種のレビューが行われてきているが、大きなレビューの第2段階として、ソルベンシーIIの枠組みの見直しが2021年までに行われる予定となっており、その検討が1年半以上前にスタートしている。欧州委員会は、EIOPA(欧州保険年金監督局)に対して、2019年2月11日に指令2009/138 / EC(ソルベンシーII指令)のレビューに関する助言要請 を行った。これを受けて、EIOPAが検討を進めていたが、2019年10月15日に、ソルベンシーIIの2020年レビューにおける技術的助言に関するコンサルテーション・ペーパーを公表 した。これに対して、欧州の保険業界団体であるInsurance Europe(保険ヨーロッパ)は、2020年1月15日に、欧州保険会社のCFO及びCROの集まりであるCFO Forum及びCRO Forumと共同でEIOPAに対して意見提出を行うとともに、その内容を公表 した。

ここまでの動きについては、これまでの保険年金フォーカス等で報告してきた。その後、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大等の影響もあったが、ソルベンシーIIレビューに向けた検討が着実に進められてきている。ただし、EIOPAは、当初の予定では2020年6月30日までに、欧州委員会に対して、ソルベンシーIIレビューに関する最終的な技術的助言を、これらの助言による変更が行われた場合の保険会社のソルベンシーに与える影響を定量化した影響評価とともに提出する予定になっていたが、COVID-19の感染拡大を受けて、助言提出を2020年12月末に延期した、これに伴い、欧州委員会による改正案の提出も2021年第3四半期になることが計画されることとなった。

12月末にEIOPAによる最終的な技術的助言が提出される前に、ソルベンシーIIのレビューを巡る2020年3月以降のこれまでの動向について、一連のレポートにて報告する。まずは、今回のレポートでは、これまでの全体の流れと、全体的な影響評価に関するEIOPAの情報要求、欧州委員会による市中協議及びこれらに対するInsurance Europeの反応について報告する。

■目次

1―はじめに
2―ソルベンシーIIのレビューを巡る2020年3月以降の動き
3―EIOPAによる情報要求
  1|元々の情報要求(第1のHIA)
  2|COVID-19の感染拡大を受けての追加の情報要求(第2のHIA)
4―欧州委員会による7月1日の市中協議文書
  1|開始影響評価の目的
  2|ソルベンシーIIの目的と影響評価の政策オプション
  3|予測される影響の予備的評価
5―これらの影響評価に関する協議文書等に対するInsurance Europeの見解
  1|EIOPAの影響評価に対する6月の見解
  2|欧州委員会による開始影響評価への見解出
6―まとめ
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

保険研究部   常務取締役 研究理事 兼 ヘルスケアリサーチセンター長

中村 亮一 (なかむら りょういち)

研究・専門分野
保険会計・計理

アクセスランキング

レポート紹介

【ソルベンシーIIの2020年レビューを巡る動向-3月以降の全体的な流れと影響評価を巡る動向-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ソルベンシーIIの2020年レビューを巡る動向-3月以降の全体的な流れと影響評価を巡る動向-のレポート Topへ