2020年10月21日

EIOPAがソルベンシーIIにおける内部モデルの分散化に関する調査を開始

保険研究部 常務取締役 研究理事 兼 ヘルスケアリサーチセンター長   中村 亮一

欧州 欧米保険事情 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

EIOPA(欧州保険年金監督局)は、2020年10月2日に、ソルベンシーIIにおける内部モデルの分散化に関する欧州全体での比較研究を開始すると公表した。

ソルベンシーIIにおいて、保険会社がSCR(ソルべンシー資本要件)を算出するために、監督当局の承認を得て、標準式ではなくて、各社の内部モデルを使用することが認められている。保険会社にとって、標準式ではなくて内部モデルを採用することの最大のベネフィットは分散効果にあると言われている。今回、EIOPAはその内部モデルの分散化に関して、実態調査を行うこととした。

今回のレポートでは、この比較研究のためのデータ要求等の概要を報告する。

■目次

1―はじめに
2―今回の比較研究の概要
  1|目的
  2|今回の調査
  3|データ要求への参加会社
  4|前提条件
  5|参加企業のベネフィット
  6|データ提出期限
3―今回の要求データの概要
  1|標準化されたモデルレポート
  2|内部モデルレポート
  3|会社/グループプロファイル
  4|相関行列
4―定性的アンケート
5―まとめ
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

保険研究部   常務取締役 研究理事 兼 ヘルスケアリサーチセンター長

中村 亮一 (なかむら りょういち)

研究・専門分野
保険会計・計理

アクセスランキング

レポート紹介

【EIOPAがソルベンシーIIにおける内部モデルの分散化に関する調査を開始】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

EIOPAがソルベンシーIIにおける内部モデルの分散化に関する調査を開始のレポート Topへ