2023年10月12日

金融システム、特に保険と年金基金のリスクと脆弱性に対する助言等の公表(欧州2023秋)-EIOPA等の合同報告書の紹介

保険研究部 主任研究員 年金総合リサーチセンター・気候変動リサーチセンター兼任 安井 義浩

文字サイズ

■要旨

9月18日、欧州の3つの銀行、証券、保険・年金の監督当局が合同で、EU金融システムのリスクと脆弱性に関する定例の報告書を発行した。欧州の経済の不確実性は引き続き高く、各国監督当局に対し、不確実性の高まりから生じる金融安定を脅かすリスクについて警告し、市場参加者に対しても引き続き警戒することを呼びかけている。

■目次

1――合同報告書の発行
2――経済環境の認識
3――保険・年金基金の現状
  1|保険セクターの状況
  2|年金基金の状況
4――今後の注視すべきリスクについての分析
  1|金利リスク
  2|流動性リスク
  3|信用リスク
5――助言内容
6――おわりに
Xでシェアする Facebookでシェアする

保険研究部   主任研究員 年金総合リサーチセンター・気候変動リサーチセンター兼任

安井 義浩 (やすい よしひろ)

研究・専門分野
保険会計・計理、共済計理人・コンサルティング業務

公式SNSアカウント

新着レポートを随時お届け!
日々の情報収集にぜひご活用ください。

週間アクセスランキング

レポート紹介

【金融システム、特に保険と年金基金のリスクと脆弱性に対する助言等の公表(欧州2023秋)-EIOPA等の合同報告書の紹介】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

金融システム、特に保険と年金基金のリスクと脆弱性に対する助言等の公表(欧州2023秋)-EIOPA等の合同報告書の紹介のレポート Topへ