2020年11月24日

欧州における保険・年金監督のリスク対応(2020年秋)-新型コロナの中EIOPAなどの定期的なリスク評価報告書の紹介

保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   安井 義浩

欧米保険事情 保険会社経営 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

欧州の金融関係(銀行、保険・年金、証券)の3つの監督当局(総称ESA)は、ほぼ半年に一度、金融セクターのリスク評価レポートを、共同で公表している。2020年は春の公表はなく、新型コロナウィルス感染拡大後初めてのものが9月に公表された。2019年までは、厳しい経済環境下の資産・負債の変動リスク、英国のEU離脱、ICTやFinTechの発展、気候変動リスクへの対応等が主なものであったが、今回は当然のことながら、新形コロナウィルスへの対応が大部分を占めることになった。

■目次

1――はじめに
2――報告書全体の構成
  1|報告書全体の構成と概要
  2|保険・年金分野について
3――おわりに
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

保険研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

安井 義浩 (やすい よしひろ)

研究・専門分野
保険会計・計理、共済計理人・コンサルティング業務

アクセスランキング

レポート紹介

【欧州における保険・年金監督のリスク対応(2020年秋)-新型コロナの中EIOPAなどの定期的なリスク評価報告書の紹介】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

欧州における保険・年金監督のリスク対応(2020年秋)-新型コロナの中EIOPAなどの定期的なリスク評価報告書の紹介のレポート Topへ