2023年08月09日

金利の急激な上昇やインフレが保険会社の解約率等に与える影響-欧州の保険監督当局等による報告書からの流動性リスク分析結果-

中村 亮一

文字サイズ

■要旨

米国では、金利の急激な上昇等を要因として、中堅銀行3行が経営破綻しているが、世界的な金利やインフレ率の上昇に伴い、保険会社においても、資産運用面での影響に加えて、保険契約の解約率の上昇や新契約販売に与える影響等が懸念されている。

金利の上昇は、それに対する保険商品の価格遅効性等から、生命保険の貯蓄性商品の新契約販売に与える影響もあり、また商品タイプによっては、既契約の解約の増加につながる可能性がある。一方で、保険会社は、これらの契約を裏付ける債券等の資産において、未実現の損失(含み損)が発生してきている状況にあるため、早期解約が増加する場合には、手元の流動性だけではカバーできずに、含み損状態にある債券等を売却して実現化せざるを得なくなる可能性がある。

また、インフレ率の上昇に伴い、消費者の購買力低下等を通じて、保険の販売に直接的な影響を与えることに加えて、実損てん補の損害保険における将来の保険金請求の増加、各種の経費の増加等が懸念されている。一方で、責任準備金の算出における前提の見直し等を通じて、負債の評価にも影響を与える可能性がある。

なお、こうした市場環境の変化は、これまで長期の低金利環境下で行われてきた資産運用にも大きな影響を与えて、各社のALMに基づく投資戦略の見直しも求められてきている。

欧州の保険監督当局は、これらの状況が保険会社の経営に与える影響等についての実績把握や分析等を行ってきている。このレポートでは、2022年の後半から2023年の前半にかけての実績に基づいて行なわれた分析ないしは報告結果から、特に流動性リスクに関連しての解約率を巡る状況に焦点を絞って、その概要を報告する。

■目次

1―はじめに
2―EIOPAによる報告書
  1|2023年6月の金融安定性報告書
  2|2023年7月の監督カレッジの活動に関する報告書
  3|2023年7月のリスクダッシュボード
3―ドイツのBaFinによる分析
4―イタリアのIVASSによる報告書
  (参考)Eurovitaの経営破綻危機問題
5―IAISによるGIMAR
6―まとめ
Xでシェアする Facebookでシェアする

中村 亮一

研究・専門分野

公式SNSアカウント

新着レポートを随時お届け!
日々の情報収集にぜひご活用ください。

週間アクセスランキング

レポート紹介

【金利の急激な上昇やインフレが保険会社の解約率等に与える影響-欧州の保険監督当局等による報告書からの流動性リスク分析結果-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

金利の急激な上昇やインフレが保険会社の解約率等に与える影響-欧州の保険監督当局等による報告書からの流動性リスク分析結果-のレポート Topへ