2023年07月25日

異次元緩和の意義について考える-黒田日銀10年の振り返り

経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志

文字サイズ

■要旨

今年4月8日に黒田東彦前日銀総裁が任期の期限を迎えた。2013年3月に就任した前総裁の下、日銀は就任直後の金融政策決定会合(以下、決定会合)において、いわゆる「異次元緩和」を導入し、およそ10年もの長きにわたって継続してきた。

異次元緩和を主導した黒田前総裁の退任という大きな節目を迎えたことを受けて、異次元緩和を改めて振り返り、総括したうえでその意義について考えてみたい。

■目次

1――黒田総裁就任後の金融政策の歩み
2――異次元緩和の評価
  1|異次元緩和の効果
  2|異次元緩和の副作用
3――異次元緩和のまとめと意義


※ 本稿は2023年3月29日発行「基礎研レポート」を加筆・修正したものである。
Xでシェアする Facebookでシェアする

経済研究部   上席エコノミスト

上野 剛志 (うえの つよし)

研究・専門分野
金融・為替、日本経済

公式SNSアカウント

新着レポートを随時お届け!
日々の情報収集にぜひご活用ください。

週間アクセスランキング

レポート紹介

【異次元緩和の意義について考える-黒田日銀10年の振り返り】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

異次元緩和の意義について考える-黒田日銀10年の振り返りのレポート Topへ