2022年07月04日

新しい金融政策への誘導戦略~日銀の国債管理戦術~

上智大学経済学部 教授   竹田 陽介

このレポートの関連カテゴリ

金融政策 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

風雲急を告げるマクロ経済環境の変化の下、旧い世界からの出口は、新しい世界の入口となる。日銀の拡大したバランスシートを活かした新しい金融政策のために、理論的な妥当性を欠くMMTと訣別し、国債管理の政策協調に関する日本版「アコード」の締結が望まれる。1
 
1 以下の論考は、『改革者』(政策研究フォーラム発行、2022年7月号)に掲載された同名の原稿(38-41頁)を、若干の加筆の上、転載したものである。転載の許可を下さった『改革者』編集部に対して感謝申し上げます。


■目次

1――風雲急を告げる黒田日銀
2――現状
3――旧い世界からの出口は新しい世界の入口
4――日本版「アコード」
5――金融財政理論の正常化へ
6――新しい金融政策のコミットメントのために
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

上智大学経済学部 教授

竹田 陽介

研究・専門分野

アクセスランキング

レポート紹介

【新しい金融政策への誘導戦略~日銀の国債管理戦術~】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

新しい金融政策への誘導戦略~日銀の国債管理戦術~のレポート Topへ