2022年03月31日

現金と比べた「ポイント」の価値の感じ方

保険研究部 准主任研究員   岩﨑 敬子

キャッシュレス 消費者行動 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

クレジットカードのポイント、家電量販店のポイント、ドラッグストアのポイント、オンラインショッピングのポイントなど、日々の生活では様々なポイントを貯める機会がある。こうしたポイントは、限られたお店で限られた用途、時期にしか使えないものから、多くのお店で様々な用途、時期に使うことができるものまで様々あるが、一般的に現金と比べれば、使うことができる場所や用途、時期は限られているだろう。そのため、8000円の現金と8000円分のポイントを比べれば、よく使うポイントでも、8000円分のポイントの価値の方を小さく感じる人は多いのではないだろうか。

では、どういった人は、ポイントの価値をより割り引いて感じ、どういった人はあまり割り引いて感じないのだろうか。本稿では、ニッセイ基礎研究所が行った独自の調査を分析した結果を紹介する。結果を先取りしてお伝えすれば、ポイントの価値の感じ方に、年齢層や学歴による差は確認されなかった。一方で、女性や、年収500~700万円の人、人口密度の高い都府県に住んでいる人、また、ポイントを支払い使うことが多い人はポイントの価値をあまり割り引いて感じない傾向が確認された。

■目次

1――はじめに
2――調査概要
  1|アンケート調査の概要
  2|ポイントの価値の感じ方の計測
3――現金と比べた「ポイント」の価値の感じ方
  1|女性はポイントの価値をあまり割り引かない
  2|年収が500~700万円の人はポイントの価値をあまり割り引かない
  3|人口密度の高い都府県にに住んでいる人はポイントの価値をあまり割り引かない
  4|支払いの時に貯まっていたポイントを使うことが多い人はポイントの価値をあまり
   割り引かない
4――おわりに
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

保険研究部   准主任研究員

岩﨑 敬子 (いわさき けいこ)

研究・専門分野
応用ミクロ計量経済学・行動経済学 

アクセスランキング

レポート紹介

【現金と比べた「ポイント」の価値の感じ方】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

現金と比べた「ポイント」の価値の感じ方のレポート Topへ