2021年12月23日

外国人就労政策の行方-特定技能の受入れ拡大を巡る議論

総合政策研究部 准主任研究員   鈴木 智也

外国人雇用・就労 労働市場 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

2019年4月の「出入国管理及び難民認定法」(以降、改正入管法)施行から2年が経過した今年は、新たに創設された在留資格である、特定技能の見直しを行う時期にあたる。

今般の見直しで特に注目されるのは、特定技能「2号」の扱いだ。現在、その対象業種拡大についての検討が進められている。ただ、永住権の取得や家族帯同も可能となる、特定技能「2号」の受入れ拡大は、移民政策や治安などへの懸念から異論もあり、どのような形で決着するか見通しづらい。

本稿では、対象業種拡大の検討が進む特定技能について、制度創設後の状況を整理し、今後のポイントについて考えてみたい。

■目次

1――はじめに
2――特定技能の制度概要
3――国論を二分した制度
4――創設後2年の現状
5――見直しを巡る論点
6――今後のポイント
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

総合政策研究部   准主任研究員

鈴木 智也 (すずき ともや)

研究・専門分野
日本経済・金融

アクセスランキング

レポート紹介

【外国人就労政策の行方-特定技能の受入れ拡大を巡る議論】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

外国人就労政策の行方-特定技能の受入れ拡大を巡る議論のレポート Topへ