2021年07月30日

ワクチン接種意向とヘルスリテラシー~情報収集に自信がない人にも納得できる情報開示が必要

保険研究部 准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任   村松 容子
保険研究部 准主任研究員   岩﨑 敬子

新型コロナワクチン 医療保険制度 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

医療従事者、高齢者に続き、現役世代においても新型コロナウイルスのワクチン接種が始まっている。しかし、ワクチン接種を希望していない人も一定数いる。特に、新型コロナウイルス感染症に罹っても重症化しにくいとされる若者のワクチン忌避が注目されがちであるが、年齢以外にも接種意向を決める要因がある。本稿では、「ヘルスリテラシー」に注目し、接種意向との関係を分析した。その結果、性・年齢や持病の有無、仕事の内容の影響、世帯年収等による影響を除外しても、ヘルスリテラシーが高いほど接種意向が高いことがわかった。ワクチン接種を進めるためには、情報収集が苦手な人にでも理解できるように情報を提示する必要があると考えられる。

■目次

1――はじめに
2――ヘルスリテラシーとは
3――分析の概要
  1|調査の概要
  2|ワクチン接種意向
  3|ヘルスリテラシーの分布
4――ワクチン接種意向とヘルスリテラシーとの関係
5――おわりに
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

保険研究部

村松 容子 (むらまつ ようこ)

保険研究部

岩﨑 敬子 (いわさき けいこ)

アクセスランキング

レポート紹介

【ワクチン接種意向とヘルスリテラシー~情報収集に自信がない人にも納得できる情報開示が必要】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ワクチン接種意向とヘルスリテラシー~情報収集に自信がない人にも納得できる情報開示が必要のレポート Topへ