2020年12月22日

健康投資管理会計ガイドラインについて〔2〕-健康投資管理会計ガイドラインの第1章から第3章

保険研究部 主任研究員   小林 直人

健康経営 企業経営・産業政策 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

前項「健康投資管理会計ガイドラインについて〔1〕」では、10章構成の健康投資管理会計ガイドライン(以下、「ガイドライン」。)の位置づけと狙い、概要と構成、ガイドラインの「はじめに」の内容について紹介した。

本稿では、前項に続き、「1.健康投資管理会計とは」(第1章)から「3.健康経営戦略について」(第3章)までの内容について紹介する(第4章以降の内容については次稿以降において紹介する予定である。)。

企業等が持続可能な発展を目指し、従業員等の健康の保持・増進へ投資する活動を効率的かつ効果的に推進していくことを目的とし、活動を行う費用とその活動によって得られる効果を認識し、可能な限り客観的に測定、伝達する仕組みを健康投資管理会計とする(健康投資管理会計の定義)。

健康投資管理会計は、「健康投資」、「健康投資効果」、「健康資源」、「企業価値」、「社会的価値」の5つの構成要素によって形成され、これらの5つの構成要素は企業等の経営課題・目指すべき姿との結びつきを示す「健康経営戦略」によって一元的に管理される。

健康経営を実施するにあたり、経営課題やその経営課題解決につながる健康課題から健康の保持・増進に関する取組へ落とし込み、課題から取組までの結びつきの意識を持ってストーリーとして経営者や従業員、外部のステークホルダーに対して語れるようにし、かつ実際に理解してもらうことが非常に重要である。

■目次

1――はじめに
2――健康投資管理会計ガイドラインの内容
  1|健康投資管理会計ガイドライン「1.健康投資管理会計とは」(第1章)
  2|健康投資管理会計ガイドライン「2.健康投資管理会計の基本事項」(第2章)
  3|健康投資管理会計ガイドライン「3.健康経営戦略について」(第3章)
3――おわりに
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

保険研究部   主任研究員

小林 直人 (こばやし なおと)

研究・専門分野
保険商品・法制

アクセスランキング

レポート紹介

【健康投資管理会計ガイドラインについて〔2〕-健康投資管理会計ガイドラインの第1章から第3章】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

健康投資管理会計ガイドラインについて〔2〕-健康投資管理会計ガイドラインの第1章から第3章のレポート Topへ