2020年12月15日

‘市民’向け保険「恵民保」とは?(中国)【アジア・新興国】中国保険市場の最新動向(45)

保険研究部 准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任   片山 ゆき

中国 中国・アジア保険事情 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

中国で新型コロナが落ち着いた8月以降、注目が集まっているのが‘市民’を対象とした医療保険商品である。市が運営する公的医療保険制度に加入している市民を対象に、給付内容を市の状況にカスタマイズしながら、比較的少額な負担で提供される保険商品-「恵民保」だ。

恵民保の加入者増加は、国による医療保険制度改革の促進、新型コロナ以降の医療保険への加入意識の高まりもあると考えられる。しかし、これまでも地方政府と保険会社による制度の運営や商品開発は見られるものの、収支の問題で保険会社側がその補填をしているケースが散見される。国は、健全で、持続可能な医療保障体系の構築を目指すのであれば、財政の投入や関わり方の再検討が必要となってくるであろう。

■目次

1-はじめに
2-中国における民間保険の普及状況
3-‘市民’向けの医療保険商品とは?
4-「恵民保」の導入が増加した政策的な背景
5-おわりに
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

保険研究部   准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任

片山 ゆき (かたやま ゆき)

研究・専門分野
中国の保険・年金・社会保障制度

アクセスランキング

レポート紹介

【‘市民’向け保険「恵民保」とは?(中国)【アジア・新興国】中国保険市場の最新動向(45)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

‘市民’向け保険「恵民保」とは?(中国)【アジア・新興国】中国保険市場の最新動向(45)のレポート Topへ