2020年07月16日

【インド】農民の困窮とモディ政権の農業政策-儲かる農業の実現、アグリテックが転機に

経済研究部 准主任研究員   斉藤 誠

このレポートの関連カテゴリ

アジア・新興国 アジア経済 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■目次

1――はじめに
2――農業・農民の困窮
  2-1|増加する穀物生産量と世界水準に比べて低い単位面積当たりの収量
  2-2|農業部門と非農業部門で拡がる格差
3――農業部門が抱える構造問題
  3-1|経営規模の問題
  3-2|技術面の問題
  3-3|サプライチェーンの問題
  3-4|自然環境の問題
4――インド政府の農業政策
  4-1|伝統的な農業政策
  4-2|モディ政権の農業政策
  4-3|モディ政権の農業政策に対する批判
  4-4|インドの農業部門と農政を巡る課題(まとめ)
5――今後の農業政策の展望
6――おわりに

※本稿は2019年4月26日発行「基礎研レポート」を加筆・修正したものである。
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

経済研究部   准主任研究員

斉藤 誠 (さいとう まこと)

研究・専門分野
東南アジア経済、インド経済

アクセスランキング

レポート紹介

【【インド】農民の困窮とモディ政権の農業政策-儲かる農業の実現、アグリテックが転機に】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

【インド】農民の困窮とモディ政権の農業政策-儲かる農業の実現、アグリテックが転機にのレポート Topへ