2020年07月24日

EUソルベンシーIIの動向-EIOPAが2021年適用のUFR(終局フォワードレート)水準を公表-

保険研究部 常務取締役 研究理事 兼 ヘルスケアリサーチセンター長   中村 亮一

欧州 欧米保険事情 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

生命保険会社の責任準備金の評価において重要な意味を持つ、超長期の金利水準の設定に関連して、EUのソルベンシーIIにおいて導入されているUFR(Ultimate Forward Rate:終局フォワードレート)については、2017年5月23日に「UFRの算出とその実施のための方法論に関するコンサルテーション・ペーパーNo. 16/003に関する最終報告書」 が公表され、その設定手法等の見直しが行われて、2018年1月から適用されてきた。これについては、保険年金フォーカス「EUソルベンシーIIの動向-EIOPAがUFR(終局フォワードレート)算出のための方法論に関するCPの最終報告書を公表」(2017.5.24)で報告した。

その後、毎年この方式に基づいたUFR水準の見直しが行われてきていたが、これまでは結果的に、2017年の計算で想定されたように、毎年15bpsの引き下げが行われてきていた。今回EIOPAは、2020年7月17日に、「2021年のUFRの計算に関するリスクフリーレート期間構造に関する報告書」 を公表した。

これまでの超低金利環境と過去の計算結果から、想定されていたことではあるが、今回の計算により、2021年のUFRの水準が初めて、2017年の計算で想定されていた水準とは異なるものとなることが確定したので、このレポートで報告する。

■目次

1―はじめに
2―現在のUFR算出のための方法論の概要
  1|UFR水準の決定方法
  2|年間変更幅の制限
  3|UFRの水準(2017年の計算時想定)
3―2021年のUFRに対する計算結果
  1|概要
  2|今回の計算結果
4―適用UFR水準の過去からの推移と今後の想定
  1|過去からの推移
  2|今後の想定
5―まとめ
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
27927_ext_01_0.jpg

保険研究部   常務取締役 研究理事 兼 ヘルスケアリサーチセンター長

中村 亮一 (なかむら りょういち)

研究・専門分野
保険会計・計理

アクセスランキング

レポート紹介

【EUソルベンシーIIの動向-EIOPAが2021年適用のUFR(終局フォワードレート)水準を公表-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

EUソルベンシーIIの動向-EIOPAが2021年適用のUFR(終局フォワードレート)水準を公表-のレポート Topへ