2020年03月27日

新型コロナが収束に向かう中国-前代未聞の経済収縮からの脱却と世界戦略の始動

経済研究部 上席研究員   三尾 幸吉郎

中国 中国経済 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨
  1. 新型コロナウイルスが中国経済に与えた打撃の凄まじさが明らかになってきた。中国国家統計局などが公表した最近の経済統計を総点検したところ、1-3月期の国内総生産(GDP)は前年比年率では▲50%前後と、前代未聞のマイナス成長になりそうだ。その詳細を紹介したい。
     
  2. 1-2月期の工業生産は前年比13.5%減と19年通期の同5.7%増から一気にマイナスに転じた。製造業が前年比15.7%減、鉱業が同6.5%減、電力エネルギー生産供給が同7.1%減だった。PMIを見ても、2月の製造業は35.7%で1月の50%から14.3ポイントの急落、非製造業も29.6%で1月の54.1%から24.5ポイントの急落と、ほぼ全産業が大打撃を受けた。
     
  3. 需要面から見ても、1-2月期の小売売上高は前年比20.5%減と19年通期の同8.0%増から一気にマイナスに転じた。飲食が前年比39.7%減、自動車が同37.0%減、家具が同33.5%減、衣類が同30.9%減、家電が同30.0%減といずれも大幅な前年割れだ。外出制限令が追い風となった電子商取引(商品とサービス)でさえ前年比3.0%減と前年同期の水準を下回った。
     
  4. また、投資の代表指標である固定資産投資(除く農家の投資)を見ても、1-2月期は前年比24.5%減と19年通期の同5.4%増から一気にマイナスに転じた。製造業は19年通期の同3.1%増から1-2月期には同31.5%減へ、不動産開発投資は同9.9%増から同16.3%減へ、インフラ投資は同3.8%増から同30.3%減へ大幅なマイナスに転じ、内需は壊滅状態だった。
     
  5. 以上のような状況を踏まえると、1-3月期の成長率が大幅マイナス成長(前年比▲7%~▲10%)になるのは間違いないだろう。しかし、ここもと新型コロナ感染に歯止めが掛かってきたため、下半期にはV字回復に転じる可能性がある。そうなればリーマンショックで世界経済がどん底に落ちた時に似た展開となり、再び中国が世界経済を救うかもしれない。但し、欧米から新型コロナが逆流し“第2波”が襲来すれば、20年はマイナス成長になる恐れもある。
新型肺炎(COVID-19)の感染・退院状況/新規確認症例の推移
■目次

1.中国経済の現状
  ・供給面の3指標
  ・需要面の3指標
  ・その他の景気4指標
  ・新型コロナの関連指標
2.今後の見通し
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

経済研究部   上席研究員

三尾 幸吉郎 (みお こうきちろう)

研究・専門分野
中国経済

アクセスランキング

レポート紹介

【新型コロナが収束に向かう中国-前代未聞の経済収縮からの脱却と世界戦略の始動】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

新型コロナが収束に向かう中国-前代未聞の経済収縮からの脱却と世界戦略の始動のレポート Topへ