2019年05月23日

投資信託はコスパ重視で賢く選ぼう-若い世代の資産形成 Part3

金融研究部 上席研究員 チーフ株式ストラテジスト   井出 真吾

NISA(ニーサ) 投資信託 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

前回、「株式は長期では値上がりが期待できる」と述べた。もちろんこれは一般論で、個別企業ごとに業績や株価が異なる動きをする。最悪の場合、事業に失敗して倒産するケースもあるので、初級者には個別企業の株式よりも投資信託をお勧めしたい。

そして、投資信託を買うときは“2種類のコスパ”をよくチェックして、賢く選んでほしい。

■目次

 ■個別株か投資信託か
 ■投資信託にはパッシブ型とアクティブ型がある
 ■2種類のコスパをチェックしよう
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

金融研究部   上席研究員 チーフ株式ストラテジスト

井出 真吾 (いで しんご)

研究・専門分野
株式市場・株式投資・マクロ経済

アクセスランキング

レポート紹介

【投資信託はコスパ重視で賢く選ぼう-若い世代の資産形成 Part3】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

投資信託はコスパ重視で賢く選ぼう-若い世代の資産形成 Part3のレポート Topへ