2017年08月31日

子ども・高齢者ともに骨折は増加

保険研究部 准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任   村松 容子

医療保険制度 社会保障全般・財源 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

骨折は、子ども時代と高齢期に多い。

健康保険組合による2010~2016年度のレセプトデータを使って、子どもと高齢者のそれぞれについて、最近の骨折状況をみると、骨折は子どもも高齢者も増加傾向にあった。受診期間は、子どもでは分析期間を通じて大きな変化はなかったが、高齢者では短くなっていた。

■目次

1――骨折は子ども時代と高齢期に多い
2――使用したデータ
3――分析結果
  1| 骨折率の概要
  2| 子ども時代の骨折
  3| 高齢者の骨折
4――結果のまとめと考察
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

保険研究部   准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任

村松 容子 (むらまつ ようこ)

研究・専門分野
健康・医療、生保市場調査

アクセスランキング

レポート紹介

【子ども・高齢者ともに骨折は増加】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

子ども・高齢者ともに骨折は増加のレポート Topへ