2017年06月28日

日銀のETF買い、やめるなら今が好機-買入減額・売却時のシミュレーション

金融研究部 上席研究員 チーフ株式ストラテジスト   井出 真吾

金融政策 日銀金融政策決定会合 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

最近、日銀による金融緩和の「出口」が話題になることが増えた。出口とは金融緩和の縮小や金融政策の正常化を図ることだが、金融緩和策の目的である「2%の物価安定目標の達成」が見通せないなか「現実的でない」とする声が多い。低金利を維持することは必要だと思うが、筆者はETFの買入縮小(テーパリング)に着手するなら「今が好機」と考えている。

■目次

◆なぜ「やめるなら今」なのか
◆買い入れ減額・ETF売却の試算
◆上場企業が日銀の関連会社に!?
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

金融研究部   上席研究員 チーフ株式ストラテジスト

井出 真吾 (いで しんご)

研究・専門分野
株式市場・株式投資・マクロ経済

アクセスランキング

レポート紹介

【日銀のETF買い、やめるなら今が好機-買入減額・売却時のシミュレーション】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

日銀のETF買い、やめるなら今が好機-買入減額・売却時のシミュレーションのレポート Topへ